アコヤパールと宝石のデザインジュエリーブランド

COLUMN

ジュエリーコラム

  • HOME
  • コラム一覧
  • ジュエリーが好きなら一度は行ってみたい美術館&博物館(国内編)

ジュエリーが好きなら一度は行ってみたい美術館&博物館(国内編)

2020.10.29 更新

その他

真珠水晶美術館博物館アンティーク

ジュエリーが好きなら一度は行ってみたい美術館&博物館(国内編)

旅行やデートの際におすすめされることの多い美術館や博物館。
今回はそのなかでも、ジュエリーが好きな方におすすめの施設をピックアップしました。
落ち着いた空間で心ゆくまで美しいジュエリーを堪能したい方は参考にしてくださいね。

それぞれのテーマに沿った見所がある美術館や博物館

一言にジュエリーといっても原石や真珠、アンティークやコンテンポラリーなど様々なキーワードがあります。
今回ピックアップした美術館や博物館でもそれぞれのキーワードに特化した展示が楽しめるものばかりです。
是非、そこでしか見ることができない作品や体験プログラムなどをお楽しみください。

パールのMIKIMOTOと縁の深い真珠博物館

日本の三大真珠名産地として名高い三重県の鳥羽には、ミキモト真珠島という観光スポットがあることをご存知でしょうか?

お察しの通り、パールのMIKIMOTOで有名な御木本幸吉氏の記念館をはじめ、願いの井戸といったパワースポット。
そしてパールをあしらった数々のジュエリーが展示されている「真珠博物館」などがあります。

館内には大粒のパールをあしらったジュエリーはもちろん、たくさんのパールをあしらったデザインなどそのどれもが女性の心をくすぐるものばかりです。
パールが好きな方にとって一度は見学に行きたい博物館ですね。
http://www.mikimoto-pearl-museum.co.jp/index.html

約1万粒の真珠で作られた作品が見所の神戸パールミュージアム

そして、もうひとつパールが好きな方におすすめしたいのが神戸市立博物館の近くにある「神戸パールミュージアム」です。

こちらはジュエリーの展示というよりは、真珠の歴史や真珠が生まれるまでの過程について紹介している博物館なのですがとても見応えのある展示物があります。

そのひとつが約1万粒の真珠で作られたパールツリーです。
こちらは通常時でも圧巻されますが、ライトアップされるとさらに美しい輝きを見せてくれます。

そのほかには阪神大震災の復興記念作品である復興の鐘という展示物も博物館のシンボルとして知られています。
https://japan-pearl.com/publics/index/32/

大迫力の巨大水晶が展示されている山梨宝石博物館

「山梨宝石博物館」は水晶の産地として知られている山梨県にある、原石とジュエリーをメインに展示している博物館です。

数々のジュエリーや原石が美しく映えるように展示されているため、まるでハイブランドのショーケースを眺めているような気持ちになります。

そのほかの見所としては約1.8mと、大人一人分の大きさがある巨大水晶もおすすめです。
重さも1,270kgとこんなにも大きな水晶が見れる機会はそうありません。
原石にはあまり興味がないという方でも思わず目を奪われてしまう大迫力の水晶です。
https://www.gemmuseum.jp/

ジュエリー職人体験ができる山梨ジュエリーミュージアム

甲府駅から徒歩7分と近い「山梨ジュエリーミュージアム」も山梨を訪れる際、おすすめされる機会の多い博物館です。

見所としては熟練の職人が原石を研磨する様子や水晶に彫刻を施す工程を見学することができる点です。
そして、自分自身も宝石の研磨体験をしたり、宝石の石留め体験などもできます。

旅行の思い出がいっぱいのジュエリーやアクセサリーを自分の手で作ることができるので、おすすめの美術館です。
※実演スケジュール、体験プログラムは日時が決まっているため要確認
https://www.pref.yamanashi.jp/yjm/index.html

人気の箱根を訪れるなら箱根ラリック美術館もおすすめ

日帰り旅行でも人気の高い箱根には彫刻の森美術館をはじめ、数々の美術館があります。
そのなかでもジュエリーやガラス工芸が好きな方におすすめしたいのが「箱根ラリック美術館」です。

ジュエリーとガラス工芸に精通したアーティスト、ルネ・ラリックの数々の作品が展示されており、眺めているとあっという間に時間が過ぎてしまうほどです。

また、訪れる際はラリックの作品をメインに展示する企画展も合わせて見学できるよう、時間を多めに見ておくと安心です。

ゆっくり箱根を満喫できるなら、温泉のほかに美術館や博物館などで体も心もリフレッシュできたら素敵ですね。
http://www.lalique-museum.com/museum/index.html

見学だけでなく修理の相談もできるアクセサリーミュージアム

アンティークジュエリーが好きな方におすすめしたい「アクセサリーミュージアム」は、1800年代のヴィクトリアン時代のジュエリーから比較的新しい1990年代のジュエリーが展示されています。

シャネルやディオール、ヴィヴィアン・ウェストウッドといったハイブランドの作品も展示されていますが、そのどれもが今ではなかなかお目にかかれないものばかりです。

また、珍しいことにこのミュージアムではジュエリーの修理やリメイクについて相談できる工房が常設されています。
気になっているジュエリーやアクセサリーをお持ちの方は是非相談して見てはいかがでしょう?
http://acce-museum.main.jp

コレクターにはたまらないアンティークジュエリーミュージアム

そのほかでは「アンティークジュエリーミュージアム」も名前のとおり、アンティークジュエリーが好きな方にはいちおしの美術館です。

100年以上前から現存しているジュエリーを中心に豪華なティアラやブローチ、カメオなどを展示しています。

数々の展示を見ていると、ジュエリーがどれだけ長く受け継いでいくことができるかを改めて実感できることでしょう。

そして、このミュージアムではアンティーク調ドレスの着用&撮影という珍しい体験ができることもあって、ヴィンテージアイテムやドールコレクターにも人気の高いミュージアムです。
https://www.antique-museum.com

色鮮やかな展示物で彩られたエマーユ七宝美術館

一部のジュエリーには七宝焼きの技術が応用されていることをご存知でしょうか。
フランスではその技術を『エマーユ』と呼び、日本でもその技法から名付けられた「エマーユ七宝美術館」という美術館もあるほどです。

この美術館で展示されている作品は七宝ならではの色鮮やかさから、ひとつひとつ細部まで見つめたくなる魅力を持っています。

全体的な雰囲気もですがアンティーク調の展示が多いので、こちらもアンティークジュエリーが好きな方にはおすすめの美術館です。
http://emaux.jp/museum/

ラグジュアリーなひと時を楽しめるハイブランドの企画展

これまでご紹介した美術館や博物館はどれもが常設展として作品を展示していますが、昨今ではハイブランドでも企画展としてジュエリーを展示する機会も増えてきました。

例えばカルティエ、ショーメといったジュエリーブランドでもヴィンテージジュエリーをはじめ、近年の新しいデザインを展示したりと幅広い世代が楽しめる内容です。

ガラスケース越しとはいえ、豪華なジュエリーをこんなにも間近でじっくりと見る機会はそうそうありません。
それだけに今後も開催されるであろう企画展は見逃せませんね。

INSTAGRAM

インスタグラム

【New!】新規会員登録で2000円OFFキャンペーンのお知らせ