アコヤパールと宝石のデザインジュエリーブランド

COLUMN

ジュエリーコラム

  • TOP
  • コラム一覧
  • 自分で作る芸術の秋、アートなひと時を感じる彫金体験

自分で作る芸術の秋、アートなひと時を感じる彫金体験

2019.12.19 更新

その他

トップバナーの写真

芸術の秋を皆さんはどのように過ごしていますか?
美術館で綺麗な絵画をゆっくり眺めたり、いつもとは違う音楽に耳を傾けたりといろんな過ごし方があるでしょう。
今回は芸術の秋を自分の手で作り出す「彫金体験」についてご紹介します。

彫金ってなに?

彫金とは、金属を削ったり彫ったりすることでジュエリーを作っていく技法のことです。
最近では意味が少し広くなり、金属を削ったり溶かしたり、宝石を留めたりしてジュエリー・アクセサリーを作ることをそう呼んでいます。
趣味のアクセサリー作りから、プロになるための修練の場まで、全国にたくさんの彫金教室があります。

表面がぴかぴかになるまで丁寧に磨き上げること。
ざらざら、つるつる、手触りや質感にこだわること。
心を込めて一文字、一文字と刻印を打つこと。

自分のこだわりや思いを込めて完成させたアクセサリーが自分の手元で輝くと、なんとも言い難い満足感に包まれます。
それは、たった2時間だけの出来事であっても充実した時間を過ごした証でもあるのです。
彫金体験は貴方の手元に確かな満足感を作り出すだけでなく、とっておきのアクセサリーを残してくれます。

はじめてのバングル作り体験

真鍮のバングルを作ってみましょう!
槌目模様の入ったバングルの制作過程を動画でご紹介します。

ガスバーナーでなます
金属を炎で炙って柔らかくする、なましという作業です。
真鍮をバーナーで炙って450度〜600度に達すると、赤く光ってきます。

ちょっとドキドキしますが、徐々に赤くなる金属を見ていると彫金の醍醐味が味わえますよ。
バーナーなんて初めてという方がほとんどだと思いますが、教室の先生が指導してくれますので大丈夫です。

ハンマーで槌目(つちめ)模様を付ける
ここでは、先が丸くなったハンマーで叩いて、槌目(つちめ)模様をつけています。
なますことで柔らかくなっていますので、女性の力でも十分です。
鍛冶屋になった気分ですね!

腕の形に沿うように形作る
木型に沿ってハンマーで叩いて曲げます。
傷がつかないよう、ここでは木製のハンマーを使います。

バフと言う布に、固形の研磨剤を付けて磨く作業です。
まずは粗い研磨剤で磨いて、表面を光らせていきます。
この段階では、まだマットな輝きです。

細かい研磨剤で磨いて仕上げます。

自分らしさを「表面」に出す特別なアクセサリー

例えばバングルなら真鍮やシルバーを腕のサイズに合わせて丸めるだけでいいように、加工しやすい状態にしておいてくれるところが多いようです。
でも、ただ丸めるだけじゃちょっと物足りないと感じる方は表面に模様をつけてみましょう!

とはいえ、模様のつけ方にはいろいろな方法があります。
初めてバングルを作るのであれば、金槌で真鍮の表面を叩くことで独特のぽこぽことした手触りになる槌目(つちめ)模様がおすすめです。

そのほかにも表面をぴかぴかの鏡面(きょうめん)仕上げにしたり、少しざらりとした質感のマット仕上げにすることだってできちゃいます。
こういった一手間を自分の手で加えるだけで、ただのアクセサリーから「あなただけの特別なアクセサリー」になるのです。

一文字、また一文字と心を込めて打つ刻印

一手間を加える、という点では刻印を打つこともおすすめです。
なんと体験教室によっては真鍮やシルバーを丸める前に一文字一文字、自分の手で刻印を打つことができます!

自分で打った刻印は既製品のアクセサリーと比べると少し不恰好に見えるかもしれません。
でも、心を込めて一文字ずつ刻印した言葉はきっと貴方のお守りになってくれるでしょう。

刻印のテーマは「自分にとってのキーワード、ライフスタイル」「記念日」「イニシャル」などいろんなものが選べます。

ちなみにメッセージのような長い内容だと全ての文字を刻印できないことがあるので、その場合はバングルへの刻印がおすすめです。
イニシャルや記念日などの短い内容なら指輪でも十分に刻印を打つことができます。

プレゼントにもぴったりの、手作りアクセサリー

クリスマスや、誕生日。大切なあの人へ思いを込めて。
世界にひとつ、あなただけのプレゼントを贈りませんか?

女性のアクセサリーは、ビーズやリボンなど自宅で手作りすることができるものも多いですが、男性向けのアクセサリーは難しいもの。
彫金教室では、メンズ向けのアクセサリーを作ることができるのも魅力です。
真鍮やシルバーのバングル、レザーと組み合わせたペンダントなどが人気です。
カップルで参加して、お互いのリングを作り合うというのも、あたたかみがあって良いですね。

なかには、手作りの婚約指輪や結婚指輪を贈る方もいます。
そこまでの自信がないという場合は、シルバーのリングを作ってプロポーズし、後日2人で改めて婚約指輪を見に行くというのもおすすめです。
このとき贈った手作りリングは、プロポーズの思い出とともに、一生の宝物になることでしょう。
リングとして使うのみならず、革紐やチェーンに通してネックレスにしたり、キーホルダーやバッグチャームとして転用することもできます。

あなたに合った彫金教室の選び方

何を作ろうか考える、わくわくが止まらない下調べの時間です。
やってみたいと思ったら、まずはお近くの体験教室を調べてみましょう。

  • 「彫金」「体験」「地域名」というキーワードで検索

    指輪やバングルといったカジュアルなアクセサリーが作れる体験教室の情報がずらりと出てきます。
    通いたい地域の名前をセットで検索すると、地域で絞り込むことができます。

  • 家や職場から近いところがおすすめ

    初めてのアクセサリー作りは、けっこう楽しいもの。
    もしも気に入って継続して通いたいと思った場合のために、仕事帰りや休日に立ち寄りやすい場所にある教室を選ぶといいでしょう。

  • 作りたいものが作れるかどうかを調べる

    刻印バングルや、イニシャルペンダントetcのように、あらかじめメニューが決まっている場合が多いです。
    金属から作るのか、ロストワックスという技法でワックスを削って作るのかなど、作り方も色々あるので、したいことが出来る教室かを調べます。
    また、自由に作りたいものを選べる教室もありますので、何かこだわりがある場合は、そういった教室を探すと良いでしょう。

  • 時間と費用をチェック

    制作時間の目安は平均して2時間前後。
    初めて物作りをする方でも作りやすいモチーフが多いようです。
    費用は、何を作るかどんな素材で作るかによって変わってきます。

  • 教えてくれる先生をチェック

    先生の得意分野というものがありますので、過去作品などがあれば見てみましょう。
    また、口コミを調べることでだいたいの人柄を知ることができますので、相性の良さそうな先生のいる教室を選びましょう。

こうして体験教室の情報をいくつも見比べると、どの体験教室に申し込むか迷うこともあると思います。
体験教室によってそれぞれ特色もあるので、自分のイメージに近いものが作れるところを探すのがおすすめです。
小さな工房が多いので、WEBサイトが充実していなかったり、情報が古いことがあります。
わからないことは、電話で問い合わせてみることをおすすめします。

何を作ろうか、どこの体験教室に申し込もうかわくわくしながら迷う時間。
この瞬間からあなたの芸術の秋は始まっているのです。

彫金教室へ行くときの持ち物

  • 汚れてもいい服

    基本的に真っ黒になることはないのでお仕事帰りの服装などでも大丈夫ですが、
    ジュエリーを磨く際に研磨剤の粉が飛んで黒くなることもあります。
    お気に入りの服は来ていかない方がいいでしょう。

  • 作りたいものの見本写真など

    ビジュアルイメージを口で伝えるのはなかなか大変です。
    作りたいものがある場合は、写真やイラストを持参することで講師に伝えやすくなります。
    特に決まっていない方は、バングルやリングなど、大抵王道のコースが用意されているので、そちらを選ぶことができます。

  • 道具は不要

    道具は教室で貸してもらえるので、特に必要なものはありません。
    また、材料も基本的には必要ありませんが、使いたい石などがある場合は持っていきましょう。

単発での彫金体験ができる彫金教室の紹介

  • OZUジュエリー工房&教室

    “静かな銀座2丁目の路面にあるジュエリー工房&教室です。
    ジュエリー職人歴40年の経験をもとにハイクオリティーのジュエリーから日常使いのジュエリーまで様々なご要望にお答えするオーダー、リフォームを承っております。
    ジュエリー教室(彫金教室)では趣味の方からジュエリークリエーターを目指す方まで、いろいろな年代の方が通われております。
    また手作り体験スペースとしてGINZA WORK STUDIOを地下1階に併設。様々なワークショップを開催中です。”

    お好きなものを作るコース
    1回2〜3時間 4,000円 (材料費別途)

    手作りブライダルリング
    1回3時間前後 40,000円〜(K18、プラチナetc材料費込)

    銀座2丁目の好立地で、フレンドリーな熟練の職人から教わることができます。
    また、決まったコースだけでなく、お好きなものを作ることができるのが特徴。
    複雑なジュエリーも、複数回受講することで作ることができます。

  • LaVagueジュエリースクール

    “東京、渋谷区恵比寿でジュエリーCAD・WAX・銀粘土・彫金教室・ハワイアンジュエリースクールなどの技術を学べる学校としてはもちろん、ジュエリーを仕事にしていきたい人のためのアントレプレナー(ブランド設立)育成講座も開講しているラヴァーグジュエリースクール。
    全国に直営店を含め11店舗展開する、日本最大級のハワイアンジュエリー専門店「Pua ally(プアアリ)」の直営スクール。”

    様々なカリキュラムもあり、本格的に彫金やその他ジュエリーの技法を学びたい方に向いています。
    趣味を超えて仕事にしたいと思った方は、アントレプレナーコースでジュエリービジネスを学ぶこともできます。

    槌目(つちめ)模様の平打ちリング制作
    2時間 5,500円(材料費込)

  • ヒコ・みづのジュエリーカレッジ

    “専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジはジュエリー分野にしぼった日本初の学校法人として認可された専門学校です。
    以来、ウォッチ、シューズ、バッグコースを開設し、各分野に特化した“モノづくり”の技術を育む学校として歩み続けています。
    『キャリアスクール』は、「短期間で修得したい」「会社と併行して学びたい」「趣味として通いたい」などの希望に合わせて学べるスクールです。
    興味がある分野にまずはチャレンジしてみたいという方からプロを目指す方まで、その目的もさまざま。
    また、身につけたい技術に絞って比較的短期間で学べるのも特長です。”

    フルタイムで通うジュエリーの専門学校と、通勤しながら通えるスクールを運営する学校法人です。
    ヒコ・みづの出身の職人やデザイナーが各地で活躍しています。

    2時間で作れるオリジナルジュエリー
    2時間 2,000円〜5,000円(材料費込)

  • じゃらん – 全国の彫金教室・彫金体験

    エリアとジャンルで絞り込み検索ができます。